ソフトダーツとハードダーツ = ソフトダーツ初心者ガイド

ソフトダーツ初心者ガイド
ソフトダーツ初心者ガイド >> ダーツの基礎 >> ソフトダーツとハードダーツ
スポンサードリンク
 ソフトダーツとハードダーツ

 ダーツにはダーツの「矢先」がプラスチックでできているソフトダーツと、金属製でできているハードダーツがあります。どちらも同じダーツですが、現在は安全性の高いソフトダーツが主流となっています。

 ソフトダーツ

 プラスティック製の穴(ビット)が開いている的に対し、プラスティック製の矢先(チップ)をつけた矢を投げる。得点の計算やゲームの進行等は、的に組み込まれているコンピュータが自動で行ってくれる為、手軽で、初心者でも始めやすい。コンピュータゲーム感覚の手軽さと、ダーツバーを中心とした業態の発展により、競技人口が増加したと考えられる。日本では、ICカードを介してネットワークサーバに個人のスコアを記録し、競い合う機種が導入されたことを契機に、競技人口の増加が加速されたと思われる。また、最新のものでは、ネットワーク対戦が可能な機種も登場している。 ハードダーツとの大きな違いは、ダーツボードの大きさとスローラインから的までの距離であり、的の大きさについては、業務用筐体では一般的に15.5インチとハードボードより一回り大きいサイズとなっている(家庭用ボードでは、ハードボードと同サイズが多い)。

 ハードダーツ

 ブリッスルボードと呼ばれるサイザル麻でできた的に対し、金属製の矢先(ポイント、若しくはスティールチップ)をつけた矢を投げる。歴史的な経緯もあり、世界的にはこちらが主流で、世界大会やチャンピオンシップトーナメントはハードダーツで行われる。ダーツボードの大きさは、13.2インチ=33.528センチ(英国公式サイズ)

 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

スポンサードリンク


Copyrights ソフトダーツ初心者ガイド All Right Reserved.