ダーツの投げ方 = ソフトダーツ初心者ガイド

ソフトダーツ初心者ガイド
ソフトダーツ初心者ガイド >> ダーツの基礎 >> ダーツの投げ方
スポンサードリンク
 ダーツの持ち方(グリップ)

 ダーツの持ち方(グリップ)には、「ツーフィンガー」「スリーフィンガー」「フォーフィンガー」という持ち方の種類があります。これらの持ち方は投げてみて投げやすいタイプを選ぶとよいでしょう。

 立ち方(スタンス)

 ダーツの立ち方(スタンス)には、両足のつま先をダーツ台に向ける正面型の「オープンスタンス」、ダーツ台に近い片足を正面に向け、もう片足を真横に向ける中間型の「ミドルスタンス」、両足ともに真横に向ける側面型の「クローズドスタンス」 の種類があります。
 自分に向いている投げ方や角度を見つけましょう。

 投げ方(スローイング)

 スローイングでは、ひじを固定し、ひじを動かさないようにして手を振りぬきます。このとき、フォロースルーのあるスローイング(手はピタッと止まらずにしなやかに振り切るようなスローイング)が理想です。

 安定して同じフォームでスローイングすることで、ダーツの軌道、スピードを調整していくことができます。ずっと同じフォームであれば、自分のミスを修正しやすく、上達しやすいのです。できるだけ同じリズム、同じタイミングで投げるように意識しましょう。

スポンサードリンク


Copyrights ソフトダーツ初心者ガイド All Right Reserved.